kazameigetsu_sub-signboard はじめに メンバー 文章 イラスト 手仕事 放送局 交流 リンク

■神様と過ごした三日間■  □side-D□

 夕方の少し肌寒い風が頬をなでていく。静かになった境内に一人残った彼は、しばらくユタカが駆け下りていった石段の方を見つめていた。
 しばらくして、彼はおもむろにポケットから折り畳み式の携帯電話を取り出した。画面を開いて、手なれた様子でボタンをいくつか親指で押すと、そのまま耳に当てた。
 少し経って、彼は口を開いた。
「あ、もしもし、ぼくだよ。うん、今日やっぱり、家に帰るわ。うん、ちょっといろいろあってね……もっかいちゃんと話してみようかなって思ったんだ。うん、今度話す。泊めてくれてサンキューな。…あはは、わかってる、今度酒持ってけばいいんだろ? それじゃ、また学校でな」
 彼は電話を切ると、再び画面を折りたたんで無造作にポケットに突っ込んだ。そしてもう一度神社の方を見やると、ゆっくりと鳥居をくぐって石段を降りていった。

side-C< 【戻る】
Copyrights © 2004-2016 Kazameigetsu. All Right Reserved.
E-mail:ventose_aru@hotmail.co.jp
inserted by FC2 system